• 直樹 角田

 スマホ基本操作 【Android版】

携帯電話の電源を入れると

”android” という文字が画面に映し出される。

そんなあなたのための、取扱説明書(=トリセツ)です。




この記事では以下の基本操作(タップとスワイプと、拡大・縮小の動作)を取り扱います。


基本といっていますが、ここをしっかりおさらいしておくことで、

誤操作は9割減ります!!!!!!!!!!!!!(編集者しらべ)






もう一度言います。







誤操作は9割減ります!!!!!!!!!!!!!(編集者しらべ)









さて、参りましょう。








<基本動作>


タップとスワイプ


スマートフォンを扱う上で最も基本であり、これを間違えるだけで誤作動の嵐となるのが

タップとスワイプです。

これまで、「電話かかってきたけどどうしたの?」と知り合いに言われたり、あるいは「思ってもいないページに勝手にスマートフォンが動いて行ってしまう」という悩みがあったりしませんでしたか。




おそらくその原因の9割はタップ と スワイプ です。






タップ・・・画面上に一瞬売れること。パソコンで言うクリック


銀行ATMの操作でメニューを選ぶのと同じ。スマートフォンは触れるだけで”決定”を意味します。


つまり、スマートフォンの画面のスイッチが入っている状態で、ポケットやカバンに収納しておくことは、銀行ATMの画面を見ずにボタンに触るくらい危険なことです。



ポケットやカバンにしまう前には、必ず画面のスイッチを切りましょう(=電源ボタンを1度推すと切れます。長押しすると機器の電源を切ってしまうので、長く押さないように。)








スワイプ・・・画面上をなぞること。パソコンで言うドラッグ。

まるで本をめくるように画面をなぞる操作方法です。


今見ている画面のもっと先(下)を見たいとき、アプリケーション上で他の機能に切り替えたいときによく用います。


うまくタップが出来ないとき、あなたの操作は”スワイプ”になってしまっていることがあるでしょう。







拡大と縮小

スマートフォンでは文字が小さいアプリケーションや、ホームページと出会うことが多いです。パソコンのサイトよりもずっとずっと小さい。




なぜならスマートフォンではいとも簡単に拡大・縮小ができるから です。

拡大縮小をするには指を2本使います。用いる指の扱い方は3パターンですので

やりやすい指を使ってください。





①両手の親指を使う👍👍(両手でスマートフォンを操作する方に多い)

②人差し指と中指を使う🤞(片手で携帯を持ち、もう片方の手で操作したい人向け)

③親指と人差し指を使う🤏(上級、片手で持ちながらその手のみで操作できる)



拡大と縮小は、つまんで開くか、開いているのをつまむか。です。





拡大・・・2つの指をつまんだ状態で画面にくっつけ、ひらく。








縮小・・・2つの指を開いた状態で画面にくっつけ、つまむ。




いかがでしたでしょうか????

マスター出来ている方も多いかとは思いますが、この基本操作を整理するだけで



誤操作は9割減ります!!!!!!!!!!!!!

(編集者しらべ)



11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

©  まちの自叙伝屋 All right reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now